小説を読んだので感想を書こうと思います。

少し古いのですが、村上春樹さんのノルウェイの森という小説を上下ともに拝読しました。
恥ずかしい話ですが、20手前になる女で、初めて村上春樹さんの本を読んだのです。

これでも私は小説家を目指して頑張っているのですがね笑

それでは、ノルウェイの森の感想ですが。
最初から主人公の回想になるんだろうなー、という始まり方をします。
ビートルズだったかの、米歌手の「ノルウェイの森」を飛行機の中で聞いて過去のことを主人公のワタナベが思い出すのです。

なめくじを食べる永沢さん、その恋人の少年の心を動かすハツミさん、
主人公の友達だったキズキくん、その幼馴染の直子さん、直子さんのルームメイト?であるレイコさん、
主人公のちょっときちがいな友達である緑さん。

最後に死んでいく人がほとんどで、生死という存在について考えさせられるお話でした。
ストーリーというストーリーはないのですが、文に間違いがなくて、さらに正確なんです。これが見事でした!!ひざ上脱毛

小説を読んだので感想を書こうと思います。