馬の出てくる映画、「シービスケット」を観ました。

最近、馬の出てくる映画にはまっています。たぶん季節のせいだと思います。夏はやはり夏っぽい映画を観たくなりますから。海とかイルカとか山とか。それで考馬や牧場や草原が観れる映画を何か観たいなと思い、先日から、「モンタナの風に抱かれて」と「夢駆けるドリーマー」を観て、そしてこの「シービスケット」を観ました。何だかドキュメンタリーっぽいけど、どうなんだろう?それは調べてないんですが、競馬馬と騎手とオーナーと調教師の話です。馬の映画と言えば、こういう感じになるんでしょうけど。でも好きです。たいて馬が怪我して、周りの人が治してあげて、自分たちも救われて、という話が多いみたいですね。でも微妙に作り方が違うから、いろいろ観たくなります。騎手役のトビー・マグワイア—はとても合っていました。顔も体型も騎手っぽいです。身長がちょっと高いけど。この映画では、騎手の目線でカメラで撮ってくれているので、迫力ありました。騎手からはこんな景色に見えるんだなあと思いました。私は絶対に恐くて乗れそうもないです。子供の頃にポニーに乗りました。とても嬉しかったのをおぼえています。ミュゼ 100円 カウンセリング

馬の出てくる映画、「シービスケット」を観ました。

いけるところまで扇風機でなんとかしたいもの

ここ数年、とても暑い夏が続いていてそろそろまた寝苦しいシーズンがやって来そうです。昼間も用事がない限りなるべく外出しないようにしていて、買い物もまとめ買いをしています。今年は特に気温が高いという事で健康面でも気をつけています。
クーラーが数年前の真夏に突然壊れたときがあり、その時の寝苦しさは本当によく覚えています。当然すぐに家電量販店に行って新しいものを購入し、事なきを得ましたがあの時ほどクーラーのありがたさを感じた時はありませんでした。ただ、シーズン中にずっと付けっぱなしだと電気代がとんでもないことになります。そこでできるだけ扇風機で過ごすことに今年はチャレンジしています。ちょうど引っ越すということで知り合いから扇風機をもらって、毎日のように使っています。寝る時もまだこれで十分です。
あとは寝る時にも脱水症状になることがあるらしいので、直前にスポーツドリンクのような塩分も入った飲み物を摂るようにしています。ミュゼ 300円 値段

いけるところまで扇風機でなんとかしたいもの