平昌オリンピックを政治利用する北朝鮮と開催国の韓国

平昌オリンピック直前になって、参加表明をした北朝鮮。所定の手順を踏まないにも関わらず、北朝鮮の参加を了承したIOCとしては、表向きは選手を救済したつもりなのだろう。しかし、結局は政治的配慮をしたとしか思えない。開催国の韓国に至っては、女子アイスホッケーで南北合同チームを結成するなど融和を打ち出している。しかし、本当にそれでいいのだろうか?各国の選手は、オリンピックに出るために国や地域の予選を勝ち抜いて、やっと代表資格を獲得して、今回のオリンピックに出場している。そんな中、直前に出ますと手を挙げるだけで出場できている北朝鮮に違和感を感じる。ましてや、韓国の女子アイスホッケー代表の選手は、せっかく代表に選ばれたのに、北朝鮮との合同チーム結成のために出場機会を失う選手もいるわけで心中穏やかではないはず。そんな、少し考えればわかることすら無視され、政治的配慮だけが最優先されるオリンピックが、本当に一流アスリート達の競う場所であるのか?と疑問を感じる。酵素 授乳中

平昌オリンピックを政治利用する北朝鮮と開催国の韓国